高崎市、前橋市の外壁塗装なら本田塗装。屋根塗装、フッ素塗装、ジョリパッドも対応可能。

本田塗装

  本田塗装
助けあいジャパン

 

私達にできること

 

お客様の声

 

塗装屋日誌

 

本田家の日常

 

屋根塗り替えBefor&After

 

外壁塗り替えBefor&After

 

無料プレゼントをご希望の方はこちら!

 

HANA COLECTION

 

本田塗装ご案内 動画配信中!

 

メディア掲載

 

メディア掲載
お客様の声
塗装用語集
私達にできること
小冊子プレゼント情報
※ここまで知ればもう安心・リフォームはそれからでも遅くない!

小冊子プレゼント情報です。

 

事業地域

群馬県高崎市を中心に群馬県全域、埼玉県北部に対応!

 

マイリフォームレシピ

マイリフォームレシピ

 

HOME»  塗装用語集

塗装用語集

索引

 

ア行

 

カ行

 

サ行

 

タ行

 

ナ行

 

ハ行

 

マ行

 

ヤ行

 

ラ行

 

ワ行

 

ア行

合い見積もり
数社から見積りをとって検討し、その中から発注業者を決めること。

アクリル樹脂
透明性の高い合成樹脂で、アクリルガラスや繊維、塗料としても使われる。

アクリル樹脂塗料
無色透明、保色性、耐水性、耐候性に優れている。エマルジョン塗料や変性樹脂塗料として利用されている。

アクリルシリコン樹脂
耐候性、耐久性に優れている。非常に安定した樹脂で汚れにくい性質を持っている。付着力が強い。

アクリルリシン
アクリル樹脂エマルジョンペイントに骨材を配合して砂壁状の模様を造る、吹き付け材。ローラー塗装用のものはアクリルローラーリシンとして区別されている。左官仕上げのタイプある。

上げ裏
下から見上げたときに見える建物の部位。玄関ポーチ、庇などの裏側や軒裏(軒天)をいう。

朝顔(あさがお)
材料や工具などの落下から通行人の安全を守るため、外部に傘状に突き出して仮設する足場をいう。道路に面している箇所、玄関など人の出入り口の上部などに設置される。

浅われ(チェッキング)
塗膜のひび割れの一種で、上塗り部分の割れで下塗り層に届くくらいまでの比較的浅いもの。さらに亀裂が進んだものを深われという。

足付け
塗料の付着力向上のため、被塗物の表面に凹凸をつけ表面積を広げるため研磨すること。サンドペーパー、コンパウンドなど用いて行う。

足場
高所作業のために一時的に架設するもの。脚立からゴンドラまで含まれる。

アスファルトシングル
フェルトにアスファルトをコーティングし着色骨材を付着させたものでアメリカでは一般的に多用されている屋根材。

アスファルト防水
石油の精製後の残歴であるアスファルトを含有した不織布を、過熱溶融しながら張り合わせて防水膜を成形する防水方法。

アスベスト
石綿(珪酸マグネシウムを主成分)。発ガン物質としてその取り扱いには十分な注意と対策が必要。建築には色々な建材に含まれている。

アセトン
溶剤の一種。ケトン系では最も分子量が小さく蒸発速度も早い。

アパタイト
歯のエナメル質や象牙などはその大半がアパタイトで生成されています。安定した鉱物。

雨仕舞い
建物に雨水が浸入しないよう処置をすること。水切りを設置したりコーキングでシーリングしたりすること。

亜麻仁油
アマの種子から採取する乾性油をいう。リノレン酸・リノール酸・オレイン酸などの不飽和脂肪酸を主成分とし塗料、印刷インク、軟石鹸などの原料として用いられる。

アルキッド樹脂塗料
無水フタル酸とグリセリンの縮合によってできる合成樹脂、アルキッド樹脂を主成分として調合された塗料。

RC構造
鉄筋コンクリート造りのこと。

アルマイト
アルミ材の防食氏より方法の一種。酸性液の中で通電して、表面に酸化アルミの膜を造り防食する方法。

アルミニウムペイント
非反応型特殊樹脂ワニスにアルミニウムの微粉末をブレンドしたもので、亜酸化鉛さび止めペイント「ズボイド」との組み合わせ塗装仕様は、鉄骨構造物、石油タンク、化学プラント配管などの塗装仕様として世界的な評価を受けた「大日本塗料(株)」の傑作です。

アンダーコート
主材を塗布するための下塗り材。吸い込みの激しいものには吸い込み止めの、付着の相性の悪いものには接着剤の役目として用います。シーラー、フィーラー、プライマーなどの総称。

アンローダー
コンプレッサーの負荷軽減装置。設定圧力になるとコンプレッサーの吸込口を開放、または閉鎖して圧縮作業を一時的に停止する装置。

ISO(イソ、アイソ)
国際標準化機構(International Organization for Standardization の略)のこと。工業規格の国際的な規格の統一を図ることを目的としている国際団体。

イソシアネート化合物
イソシアネート基(-N=C=O)を持つ化合物。アルコール類やアミン類などの活性水素を含む化合物と反応する。ウレタン塗料の硬化剤として用いられている。

犬走り
塀と側溝との間の平らな部分。犬が好んで歩く場所の意味でついた呼び名。塀の下側に竹で作ったもので犬よけ用の構築物を指して言うこともある。

入り隅(イリスミ)
壁と床の境目や壁と壁との合わさり目で窪んだ(凹)ところ。反対語→出隅。
色押さえ
主に木部の塗装で用いられる用語。木部のクリヤー塗装仕上げの際、着色材が上塗りの塗料によってブリードしないように、また着色の色斑を抑えるのを防ぐために上塗り塗装の前に一層塗ることを言う。

色むら(斑)
塗膜の表面に下塗りの色が透けて見えたり、上塗り塗料の色に「むら」が出来ること。

隠ぺい力
塗膜が色むらが無く下地を覆い隠す能力のことで「塗料の隠蔽力」といわれる。一般的に白など淡彩色の塗料は隠ぺい力が小さいため一回塗りでは色斑が出来、二回以上の塗り重ねが必要。黒などの濃彩色は隠ぺい力が大きいので一回塗りでも色斑が無く仕上げられる。

ウールローラー
筒に繊維毛を植毛したローラー塗装用の工具。ローラー刷毛、ローラーブラシともいう。毛丈の長さによって短毛、中毛、長毛ローラーなど呼ばれている。塗料の種類、下地の種類、仕上げの程度に応じて選択する。塗料の多様化にあわせて色々な塗料に適合させたものがある。ローラー塗装は刷毛塗りに比べてそれほどの熟練は必要としない。吹き付け塗装に比較して塗料の飛散も少なく、環境にやさしい工法として外壁など広い塗面の現地塗装では多用されている。

ウォッシュプライマー
金属の表面処理と防錆塗膜の形成を同時に行う下塗り塗料。エッチングプライマーともいう。

請負契約
塗り替え工事の場合は、工期、請負金額、支払い方法などを取り決め契約すること。見積書などにその内容が記載されていれば口頭による約束でも契約は成立する。請負業者は見込みより材料が多く必要となったり、人件費が余分に必要となっても、約束(契約)事項は自己責任で果たさなければならないのが請負契約。

打ち放しコンクリート
コンクリートの仕上がり肌を活かして、塗装しないもの。長い間には汚れや雨水の浸入による鉄筋の腐食などが起こるので、透明の撥水材などをコーティングする方法もとられることがある。

ウッドシーラー
木部専用のシーラーをいい、主に上塗り材の吸い込み止めを目的としたアンダーコートとして使用されます。

ウレタン樹脂塗料
イソシアネートとポリオールを使用直前に混合して塗装する二液型塗料。耐薬品性や耐久性もよく、特に木製品との相性が非常に良い。いろいろな分野で多用されている。一液型の変性ウレタン樹脂もあるが耐久性は落ちる。

打ち継ぎ
時期を違えてコンクリートを打つ時に出来るコンクリート同士の継ぎ目のこと。目地を入れるなどの対策をしないと縁切れによるひび割れが生ずる。

エアスプレー塗装
コンプレッサーにより圧縮空気を利用してノズルから霧状にした塗料を吹きつける塗装方法。

エアレススプレー塗装
塗料を加圧タンクやエアレス塗装機などを用いて60~200kg/cm²に加圧し、吹き付け塗装をする塗装方法。

ALC(ヘーベル)
ヘーベルは旭化成の製品名。コンクリートの1/4の重さと耐火性がある。セメント、硅砂、石灰などが主成分。発泡剤を混入して泡立たせて造る発泡軽量コンクリート。外壁用パネルとして木造建築物にも使用されている。タイルを貼り付けたものや模様をつけたものもある。

エキスパンションジョイント
構造や基礎が違う建物をつなぐ場合、ひび割れをあらかじめ予防するための伸縮性目地のこと。成型タイプのシーリング材が使用される。

エコ塗料
塗料の硬化方法も進歩し、樹脂や溶剤の使用量が非常に少なくてすむ塗料が製品化されている。省資源が言われて久しいが塗料の分野では石油製品の含有量が多い中で、先のような塗料に対して付いた呼び方。

S構造
鉄骨構造のつくり。

SRC構造
鉄骨、鉄筋構造の造り。

FRP
ガラス繊維強化プラスチック。その軽量や強度の面で優れ、船舶、スノーボード、車両、建築では防水に多く用いられている。

MSDS
化学物質安全データシート。含まれている化学物質の量・性状についての情報。

エフロレッセンス
白華、鼻たん、擬花ともいう。

エポキシ樹脂塗料
付着性、耐水、耐薬品性、硬度が高いなど数多くの特徴がありその特性を塗料として使用されている。乾燥時の伸縮性が少ないのでパテ、注入材としても使用されている。

エマルジョン
乳化材を使用して樹脂成分を水の中に分散させたもの。一般に水性塗料といわれているものはこのタイプ。

MSDS
化学物質安全データシートのこと。業者間での化学物質の取引に使う際、含まれている化学物質の量・性状についての情報提供を義務づけた制度のこと。塗料についてはメーカーが必要に応じて請求があれば資料の提供をしてくれる。

縁切り
部材同士の接合箇所に亀裂が出来、隙間が出来ること。屋根塗装ではコロニアル瓦などの塗り替えのとき、塗料でコロニアル瓦の合わせ目を塗料で塗り固められるのを防ぐ作業のこと。最近はタスペーサーを差し込んで十分な間隔を確保してから塗り替える方法が一般的。

塩化ゴム系塗料
塩化ゴムを主成分とした塗料。速乾性で作業性も良く、低温時でも塗装可能。厚塗りが出来、塗膜間の付着が良い。耐水、耐塩性、耐薬品性に優れている。屋外構造物(プラント、橋梁、船舶などに主に使用されている。

鉛丹
四三酸化鉛。光明丹ともいう。明るいオレンジ色で錆止め塗料の顔料として用いられる。比重が大きく沈降しやすいので使用に際しては十分な攪拌が必要。

塩ビ
塩化ビニル樹脂の略称。ベランダ等の波板などに使用されていたが燃やすと有毒ガスが発生するので敬遠され、ポリカーボネイト製が多用されている。住宅では雨トイや配管関係に使用されている。塗料では耐薬品性塗料などとして古くから使用されている。

鉛筆試験法
鉛筆を角度45°に保ち、先端を塗面に押し付けながら前方向に押し出す。鉛筆6B⇒9Hと柔らかいものから硬いものへと線を描き、塗膜にキズが付かず線が描かれたとき、その鉛筆の硬度をもって、塗膜の硬さとする塗膜強度の測定方法。

OP
日本建築学会、官庁関係などの仕様書に使用される塗装種別の略記号で調合ペイント塗装の中の油性調合ペイント塗装の略記号。合成樹脂調合ペイント塗りを区別してSOPと表示するところもある。(日本建築学会、文部科学省など)

オービルサンダー
小さな楕円運動を行うことによって研磨するサンダーの一種。平面用研磨のためのサンダー。

押さえ工法
屋上などのアスファルト塗防水の上にモルタルを一定の厚さに塗り重ね、歩行できるようにすること。このモルタルを「押さえモルタル」という。

オゾン層
オゾンは生物に有害な紫外線を遮る性質があり、地球上を被うオゾン層は紫外線から生物を守っている。エアコンやスプレーに使われているフロンガスがこのオゾン層を破壊するため重要な環境問題となっている。

踊り場
階段の途中に踏み板を広くして造られた休憩スペース。階段の折り返し部、登りきった最上部、長い階段の中間に設置される。


建物の外壁の中間に帯状の板を取り付けたもの。装飾や外壁の縁切りとして用いる。幕板ともいう。

 

カ行

カーテンウォール
構造上の耐力を負担しない非耐力型の総称。工場で前もって制作された部材で構成する外周壁でそれそのものは構造上の耐力はない。

外構工事
建物の周りを外構という。フェンス、ブロック塀などの工事を外構工事という。

開口部
建物の換気や採光のための窓、出入り口、換気口などを総称して開口部という。

外装材
建物の外壁など外部の仕上げ材として使用される材料。

化学物質過敏症
特定の化学物質(ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンなど)に接するだけで起きる過敏症。自律神経失調症、睡眠障害、皮膚炎などの症状を示す。

架橋技術
分子と分子の間に橋を架ける意味で「架橋」という言葉が使われ、分子同士を結合させる技術を「架橋技術」という。粘度が硬くなったり、粘りが出たり、弾性から剛性になったりと物性を変化させることが出来る。

かき落とし
左官工事。壁仕上げの一種で寒水石などとセメントを混合したものを塗り、半硬化の時にかき落して模様を造り、骨材の粗面を活かした仕上げ方法。左官仕上げでは古くから使用されている高級仕上げ。

額縁
本来、端に縁を回したものをさす。塗装でいう額縁とは、広い壁面などを塗装するとき、初めに周りの縁(見切り)を刷毛塗りで小幅に塗り、中央部をローラーなどで後から塗装する。先行して塗装した部分と後から塗装した中央部分とに色の段差が出来ることを「額縁が出来る」という。

笠木
パラペットや手摺壁などの上部に、雨漏り防止や飾りのためにかぶせるもの。壁材と同じもので仕上げることもあるが、板金加工した鋼板、銅版、ステンレス板などが使用される。現在はアルミ製のものがほとんどである。

可使時間
二液性塗料など混合タイプの塗料は時間とともに硬化反応が進行する。混合してから、塗装作業や仕上がりに影響なく使用できる時間のことを塗料の「可使時間」という。

カシュー(樹脂)塗料
インド、アフリカ、ブラジルなど熱帯多湿地域に生育するカシュー樹のカシューナットの外殻に含まれる液を主成分としている。漆の代用品として神社、寺院などで用いられている。

化石燃料
石炭、石油、天然ガスなどの総称。動植物の体積物が長い年月をかけて地熱、地圧などで変成された有機物。地球の温暖化問題でその大量消費が見直されてきている。

架設工事
工事のために必要な仮囲い、仮事務所、足場、資材置き場などを工事すること。

可塑剤
塗料の構成要素、補助剤の一種。乾燥硬化した塗膜に可塑性を与えるために加える添加剤。柔軟性を持たせて、振動、屈曲、衝撃から塗膜の剥離、割れを防ぐ働きがある。ニトロセルロースラッカーには補助剤として可塑剤を使用して塗膜に柔軟性を持たせている。

金こて仕上げ
鉄鏝で、表面をたいらに仕上げること。

カバー工法
既存の部材はそのままでその上から新たな部材をかぶせて仕上げる方法。このサイト内でいうカバー工法とは、劣化して塗装下地として適応できなくなったりした破風板の上からカラー鋼板を覆いかぶせることによって、風雨や日射によつて破風板の更なる劣化を防ぐ方法を言います。

かぶり
鉄筋コンクリートの芯の鉄筋から、コンクリートの表面までの部分の厚さ。

ガラリ
羽板(鎧板)で一定の間隙を作ってあるもの。屋上などの換気、外壁やドアの一部に設置し通気性を高める場合などに使用される。

ガルバリウム鋼板
アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で出来ている鋼板。アメリカで開発をされ、今までの鋼板(鉄板)よりは耐食性に優れているという事で広い分野で使用されている。錆びに強い鋼板として屋根や外壁材として使用されている。しかし柔らかいことから傷がつきやすく、現場加工の際の切り口からの発錆でクレームも出ている。

環境浄化
環境の汚染を防ぐ方法から環境の汚染を取り除く方法が望まれています。それが環境浄化です。光触媒にはその機能があり非常に注目されています。環境浄化のキーテクノロジー、「光触媒」の住宅への適用を紹介しています。

環境型塗料
大気汚染につながる溶剤タイプの塗料や樹脂類を多く含んだ塗料は間接的に環境の破壊や汚染を引き起こしているわけです。そんな中で溶剤を使用せず、 極力樹脂分を少なくした環境に優しい塗料を総称して環境型塗料と呼んでいます。

環境問題
地球温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨など地球規模で進んでいる自然環境の破壊を言う。こうした環境問題を意識して設計された塗料を環境型塗料と呼んでいる。

環境ホルモン
外因性内分必かく乱科学物質。塗料、接着剤などを通して人為的に大気中に排出される。体内に入るとホルモンの働きをかく乱し、発ガン、生殖器障害などを起こす。現在は環境ホルモンの放出に対処した製品が主流となっている。

乾式ボード
合板、石膏ボード、珪酸化かルシゥム板、石綿スレート板などを言う。

乾式洋瓦
セメント瓦の一種。瓦表面に着色スラリー層を施した成型セメント。スラリー層とは、顔料で着色されたセメントペースト。塗り替えの場合、塗膜の乾燥収縮の影響により、スラリー層が浮いてくるので、このスラリー層を高圧洗浄などで完全に除去することが重要。

顔料
ビヒクル(塗料の主成分)と混合して、着色、防錆、などの働きをする固体粉末。体質顔料、有機顔料、無機顔料などと区分される。

木地仕上げ
木部塗装仕上げの一方法で、下地の木目を活かした塗装仕上げのことを言う。反対→塗りつぶし。

希釈剤
シンナーや水など塗料に混入して塗料を薄め、塗装作業をやりやすくしたり、仕上がり具合の調節に使用される。そのときの温度、湿度、塗料の種類によって加減が必要。

希釈率
塗料を薄める際の溶剤添加量を示す。容量比率や重量比率で表示される。

キシレン
芳香族炭化水素系溶剤で沸点が高く、トルエンより安全性が高い。

揮発性有機化合物(VOC)
沸点が50℃~250℃までのものを揮発性有機化合物という。塗料に使われるシンナー、添加剤などにも含まれる。
京都会議
温室効果ガスの二酸化炭素等の放出を規制して地球の温暖化を阻止しようと、世界各国が1997年12月に京都に集まり開催した国際会議。

切り妻屋根
四角い平面を二つ折りしたような、最も単純な屋根で最も雨漏りしにくいタイプの屋根。

霧避け
霧雨程度の雨避けのため窓の上に構築した小さな庇。

躯体
建物の構造体(骨組み)を言う。建築物の柱や梁などその建物を支える構築物を言う。基礎も含む。

クラック
ひび割れを言う。建物の外壁モルタルなどに見られる仕上げ材の乾燥収縮によるひび割れと建物の構造的な欠陥から起こる構造クラックがある。塗膜そのものに出来る非常に細かなひび割れを「ヘアクラック」という。

クリヤー仕上げ
透明(クリヤー)塗料で塗装仕上げをすること。外壁塗装では窯業系サイディングの高意匠模様を活かしたと層としてUV対応の特殊クリヤー塗料で仕上げる方法がある。

クリヤラッカー
透明仕上げ用のラッカーで耐熱湯性、耐水性、研磨性、付着力も優れている。木部用(吸い込みの烈しい素材に対処して布揮発分の多い種類のものを使用)と金属用の二種類がある。現在はウレタンクリヤー塗装に押されている。

クラッキング
塗膜に「われ」が出来ること。塗膜の老化によって素地の収縮、膨張に追随できなくなって起こる。下塗りが乾燥不十分なうちに上塗りをした場合にもこの症状は起きる。スタッコ調ガン吹き塗装には多々見られた。作業を急ぐあまり、翌日まで乾燥させてから仕上げたほうが良いのに、当日無理をして仕上げてしまう。そんな業者が結構多かった。工期の速さは売り物にはならない例。

クレーター模様吹き付け材
クレーター状の吹付けタイルの模様の一種で、スタッコ調の模様より埃などの汚れに強い吹き付け材としてアピールされたがそれほど普及しなかった。今ではめったに使用されることはない。

ケイカル板
乾式ボードの一種で珪酸化カルシュウム板の略。

軽量コンクリート
軽量の骨材を用いたり、発泡させたりして軽量化をはかり高層建築物に使用されるもの。

化粧目地
従来クラック防止のために目地部を設置するが、デザイン上の必要性から設置した目地を言う。

結露
空気中の水分が物質の表面で冷やされ凝結して水滴となり物質の表面に付着する。

ケレン
塗り替えのため、錆落としやは剥れかったペイントを取り除いたりする下地調整作業。その作業程度によって1~4種に分けられている。住宅の塗り替えでは2~3種ケレンが中心。

研磨紙
炭化珪素質(CC)、アルミナ質(AA)などを砕いて粉末にして紙に粒子を接着してつくったもの。粒子の粗さによって種類がわかれ、塗装では100~400#(番)のものが使用される。研磨紙は空研ぎ用として用いられる。

研磨布
綿布の上に研磨材を接着したもので、塗装では40~250#(番)程度の粗さのものが使用され下地調整の研磨や鉄部の錆落としなどに使用される。

コーキング
サッシ周りや材料同士の張り合わせ目、ひび割れなどの隙間に充填して、雨水の浸入や気密を保持するための充填材を言う。水系と油性系がある。シーリングもコーキングと同義語として使用されることが多い。液状タイプはポリサルファイド、ウレタン、アクリル、シリコーン、変性シリコーンなど、固体タイプは塩化ビニル、クロロブレンの成型品などが使用されている。最近の建築物の窓など開口部にはコーキング処理されている場合が多く、塗り替えに際してはその点検と処置が重要です。

高圧洗浄
高圧洗浄機を使用して水圧で埃や汚れを洗い落とす作業を言う。住宅の塗り替え時には通常80~120kgf/m²程度の吐出圧で行われる。

硬化方法
塗装した塗膜が乾燥、硬化する方法で塗料の種類によっていろいろな方法がある。揮発乾燥、酸化重合、反応硬化、紫外線照射、加熱乾燥(焼付け塗料)など。

硬化剤
塗料を使用直前に混入して乾燥、硬化を促進させるもの。硬化剤は触媒的な働きで重合や架橋促進材として塗料に用いられる。このような塗料を単独で使用する塗料と区別して二液性塗料という。

抗菌効果
光触媒はアルコールなどによる消毒と違って継続的にしかも三次元的(空間)に殺菌効果が期待できる。

合成樹脂
塗料にはもともと天然樹脂を主原料として用いられていたが石油化学の発達とともに人工的に合成された樹脂、「合成樹脂」を今ではほとんど使用している。アルキド樹脂、ポリエステル樹脂、塩化ビニル、ポリウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂などが使用されている。

合成樹脂エマルジョン塗料
酢酸ビニル、アクリルなどのモノマーを乳化剤で重合させたもの。

合成樹脂塗料
化学合成された樹脂を主原料に調製された塗料。日本の石油化学の発展と平行して合成樹脂の塗料化が進み現在、塗料のほとんどが合成樹脂塗料といえるほどである。

構造材(構造体)
建築物の場合、柱や梁、桁など建物を支える部分を言う。

工事設計
使用材料、工法など工事の細部にいたる工事計画を立てること。塗り替え工事の場合、新設工事と異なり現状の程度はケース・バイ・ケースで対処しなければなりません。事前の現地調査、診断がきわめて重要になります。

鋼製サイディング
窯業系(セメント系)、木質系などに対して金属で出来ているサイディングをいう。鋼板、ガルバニウム鋼板、アルミ板など金属で出来ているサイディングをいいます。裏側には以前は石膏ボード、最近は発泡ウレタンなど断熱材を貼り付けてあります。色、柄、模様など多様なデザインがあり、取り付けやすく、比較的安価なため戸建住宅の外壁として使用されています。金属系サイディングとも言われている。

構造クラック
建物の構造上の問題から建物のひずみが原因で発生するひび割れをいいます。

高弾性塗料
従来の一般的な弾性塗料は、モルタルのひび割れ対策として設計された塗料ですが、構造クラックなどに見られる大きなひび割れに対応できるものではありません。それは塗料の樹脂の特性と塗装膜厚にあります。塗膜の老化や低温時の伸縮率の低下によってその設計目的が十分に果たせなかった点があります。伸縮率、低温時の伸縮率の低下抑制、劣化による弾力性低下などが従来品より非常に優れている塗料を言う。

骨材
一般に砂、砂利、砕石などの総称。塗料では硅砂、セラミック、貝殻などが主に使用されている。リシンなど模様造りの目的で混入する場合とスキン剤のように顔料として混入する場合がある。5mmふるいを重量90%以上通過するものを細骨材といい、90%以上とどまるものをあら骨材という。

木口
木材の木目に対して直角に切った切断面をいう。一般に、棒状のものを直角に切った切断面を指して使用されることが多い。

光明丹
丹鉛。オレンジ色の顔料で防錆塗料に使用され錆止め効果は大きいが、有毒物なのであまり使用されなくなっている。

コロニアル(カラーベスト)
スレート系平板屋根材。カラーベストは松下クボタの製品名。

碁盤目試験
塗膜の付着力の試験方法。塗膜にタテ・ヨコ2mm間隔にカッターで切り目を入れる。セロテープを貼り、引き剥がし、塗膜の付着力を測定する方法。

コンパウンド
塗膜の研磨材料。粒状の研磨剤を練り込んだもので、粒子の大きさによって荒研ぎ用から仕上げ用まで色々なタイプのものがある。磨くにつれて粒子がつぶれて細かくなり、より艶が出てくる。

コンパネ
コンクリートパネルの略。コンクリート打ち込みの際に使用する。平板状大型型枠材。建築用下地合板で12mmの厚さのものを指していう場合もある。

 

サ行

サイディング
外壁材の一種。鋼板などの金属製や窯業系のものまで種類は多い。窯業系サイディングは、建物の洋風化に伴いそのデザイン性、防火性、工期の短縮をはかれるなど利点が多いため現在、住宅用外壁材として多用されている。

ささら桁
階段の段板(踏み板)を支える横面の通し板。

酸性雨
化石燃料の燃焼によって発生する硫黄酸化物、窒素酸化物などによって汚染され酸性を帯びた雨水で動植物はもとより塗膜にも影響を及ぼしている。 pH5.6以下の雨を酸性雨という。

三点支持工法
コロニアルの塗り替えで縁切り材を一枚のコロニアルに対し三箇所挿入するやり方。

サンドブラスト
圧縮空気で砂を吹き付け、鉄鋼材の塗装前の清掃処理やコンクリート面を荒らすために行ったり、石材の仕上げなどに用いられる。

シート防水
塩ビなどの防水用シートを貼り付けて施工する防水。

シーリング
水密や気密の目的で使用する部材。それを使用して処置をすることを「シーリングする」という。シーリング材としてはコーキング、パッキンなどがある。

JASS
建築工事の仕様と標準化を目指し、日本建築学会で工事仕様の基準として工事別に分類して定めたもの。官庁関係の工事設計はこれをベースにしている。

JISS(JISSマーク)
工業標準工法に基づいて、鉱工業品についてその品質を定めた標準規格。規格に適合した商品にのみJISSマークが通産大臣の許可を受けて表示される。

紫外線硬化型塗料
光増感剤を加えた塗料の塗膜は紫外線の照射によって、その活性化作用により硬化する。不飽和ポリエステル樹脂塗料が多用されている。

シキロ酸結合
ガラスやセラミックの結晶構造で、自架橋技術の発達でこの構造を塗料に取り入れて塗料の耐久性は著しく向上した。塗料中の溶剤の蒸発とともに架橋反応が始まり強靭な三次元構造の塗膜を形成してゆく。

指触乾燥
塗料(塗膜)の乾燥状態は通常、指触乾燥、半硬化乾燥、硬化乾燥の三段階で現す。指で軽く触っても塗料が指につかない、初期段階の乾燥状態をいう。

下処理
被塗物(塗装しようとするもの)のひび割れや段差の処理、錆の除去、水洗いなどといった塗装前の下地を調整する作業。

下地
被塗物(塗装しようとするもの)の状態。下地の良し、悪しで塗装の仕上がりが決まる。

下地調整
塗装下地の凹凸などをサンドペーパーなどで研磨したりして調整すること。

下地塗料
仕上げ塗装の前に防錆、仕上げ塗料の密着性、凹凸の調整、吸い込み止めなどの目的で塗布する下地調整用塗料。プライマー、シーラー、フィーラー、サフェーサー、パテなどで総称してアンダーコートということもある。

漆喰(しっくい)
消石灰を主成分とし、麻の繊維、ふのり、つのまたなどを練りこんだもの。壁材や瓦葺に使われる。

シックハウス症候群
建材などに含まれているホルムアルデヒドなどの化学物質が室内の空気を汚染することによって受ける、居住者の健康被害の総称。

室内結露
室内の温度が外気温より高い場合、空気中の水蒸気が冷却されて水滴となって窓ガラスなどを濡らす。外壁の内側に出来る結露を壁内結露という。

弱溶剤型塗料
ミネラルスピリット等を使用した塗料。

遮熱塗料
赤外線を反射する特殊顔料や中空セラミックバルーンを配合して遮熱効果をねらった塗料。遮熱塗料を塗装するとその表面温度を10~15℃下げるといわれてい。

ジャンカ
コンクリートが部分的に充填されてない欠陥の穴。表面にできたものを豆板、内部にできたものを巣穴と意って区別して呼んでいる。

主剤
二液塗料のベースになる主成分。硬化剤→硬化反応促進剤。

主材吹き
複層模様吹き付け材の主剤の吹き付けを言う。業界では通称「玉吹き」という。

仕様書
塗装工事で言う仕様とは工事の内容や手順などを示すもの。塗装で言う仕様書とは、工事に使用する塗料や塗り工程、下処理の仕方、など工事の細部について記載したもの。

ジョイント部
張り合わせ目、つなぎ目。

ジョイントベンチャー
2つ以上の請負者が共同して請け負う状態をいう。一社では規模、技術などの面で無理がある場合、複数の企業が共同体で工事を請け負うこと。

シングル
アスファルトシングルの項を参照。

親水性
水滴の接触角が小さくなると毛細管現象で水滴にならず接触面を流れ落ちる。これを親水性という。親水性をもった鏡は水滴とならず薄い膜となって鏡の表面を流れ落ちるため曇らない。塗膜のセルフクリーニング機能とはこの親水性を持った塗膜の防汚性を表現するために使用される言葉。

新生瓦
コロニアル、ベスト製品などスレート系化粧屋根材の総称。

診断
塗り替え工事における的確な診断は、調査によって得られたデーターを基にして塗料の選定から工程など工事の基本を設計する上でベースとなります。

浸透撥水剤
素材に浸透させて撥水効果を与えるためのコーティング剤。

水性塗料
乳化材を使用して樹脂を水中に均一に分散させたもの。水分の蒸発で樹脂の粒子同士が融着し、塗膜を生成する。エマルジョンタイプの塗料を水性塗料という。反応基を加えその架橋反応などで硬化するタイプの塗料は反応硬化型、水系(みずけい)塗料といって分けて呼んでいる。

スカンジア瓦
ヨーロッパ生まれの乾式洋瓦の一種。表面の着色層に改良が加えられ色々なデザインのものが造られている。

スキン仕上げ
外装用吹き付け塗装材で顔料によって塗膜を着色するのではなく、混入する骨材そのものの色の組み合わせで着色するタイプのものを言う。天然石、貝殻、セラミックなどの粒子が使用される。

透け
塗装塗膜が下地を完全に覆い隠せず透けて見えること。塗料の「かぶり」が悪いという。塗料の希釈度、塗料の隠ぺい力の問題でもある。

筋かい(筋交い)
建築物の枠組に、歪みを防止するため柱の間に対角線上に入れる部材。建物の歪み防止、耐震性の向上のため非常に大切なもの。

スタッコ状吹き付け材
JIS A 6916で規定されている厚付けタイプの吹き付け材。「スタッコ」は元々漆喰の左官装飾仕上げ。高粘土の塗料を大口径のノズルで吹き付けて凹凸模様をつくり(吹き放し)、こてやローラーによって押さえテクスチャーを造り仕上げる(こて、ローラー押さえ)。乾燥後、サンダーで削って仕上げる(サンダーカット)方法もある。壁面の粗さをカバーしたり、壁の重量感を表現できる。

スチップル模様
細かい凹凸の模様の総称。外壁塗装ではさざ波模様(ゆず肌模様)をさして言う場合が多い。

ストリッパブル塗料
金属製品、プラスチック製品、ゴム製品などを貯蔵、運搬、加工期間中の防錆、防汚などの目的で塗られ、後で容易にはがせるもの。塗装しない部分にあらかじめ塗って養生しておき、塗装後に剥がす方法で、一般の養生作業が困難な細かい部品の塗装工程でなどでも使用されている。

スパン
構築物の梁やアーチなどの支点(柱など)同士の間のことをいう。

スプレー塗装
ガンの先端ノズルを小さくして塗料を霧状にして飛散させ素材を塗装する方法。スプレー塗装には二つの方法がある。コンプレッサーを利用してその圧縮エアで塗料を微粒子化させそのエアで吹き飛ばして塗装する。機器を利用して塗料に直接圧力加え、先端の小さなノズルで塗料を霧状にして吹き付ける方式。前者をエアスプレー塗装、後者をエアレススプレー塗装という。

スペーサー
部材間の間隙を確保するためのもの。屋根塗装でいうスペーサーとはコロニアル葺き屋根の塗り替えにおいてコロニアルの重なり部に挿入し縁切りのためのスペースを確保するための部材を言う。セイム社の「タスペーサー」は代表的なものである。

スラブ
鉄筋を碁盤の目状に組み、その上からコンクリートを流し込み仕上げる鉄筋コンクリート製の床のことをいう。

スラリー層
スラリーとは、細かな固体粒子が液体中で混ざりあって泥状になったものをいう。乾式洋瓦の着色に顔料、セメント、砂などを練りこんだスラリーを用いる。この瓦の表面の着色層をスラリー層という。

脆弱部
下地(素地)の劣化が進行して強度が低下した部分をさして言う。

静電塗装
微粒子化された塗料を静電気による電界効果を利用して被塗物の裏面まで塗料がまつわりつくようにして塗装される。塗料の損失も少なく自動化もしやすいため環境衛生、省力化の面で利点が多い。

石膏ボード
石膏(硫酸カルシウム)を厚紙でサンドイッチしたもの。内装材の下地として多く使用されている。

セットバック

建ペイ率や日照権などの問題で上階層を階段式に後退して建築すること。

ゼネコン
総合工事業者。

セメント
水で練ると固まる無機質の粉末の総称。一般的にはポルトランドセメントをさす。

セメント瓦

粘土の窯業で作られる瓦に対してセメントの型取りで作られる瓦。最近は高圧によるプレス成型の製品が主流。和風、洋風の色々なデザインがあり日本瓦は減少傾向にある。

セメント系フィラー

セメントと骨材を主成分とする粉末に、使用する直前に合成樹脂エマルジョンを混入して塗布する。下地の微調整に使用。

セラックニス

樹脂類のセラックを変性アルコールでなどで溶解して作られたワニス(顔料を含まないもの)。光沢、硬度があり木部用塗料として主に使用される。耐水性は弱いので外部には適さない。

船底塗料

常時海中に浸水している船底を保護するための専用特殊塗料で二種類に大別される。 1. 船底塗料1号 海水の侵食防止用。 2. 船底塗料2号 貝など海中生物の付着防止用。

促進剤
塗料の場合は、塗膜の硬化反応を早めるために混入するものをいう。

素地調整
塗装面の埃、汚れを除去したり、サンドペーパーなどで素地を整えること。

外断熱
住宅の高気密化、高断熱(内断熱)が進むにつれ、室内温度と外気温度との温度差が壁内に生じてきます。それに加え冷暖房の空調によってその温度差は拡大します。その結果、壁内において結露が生じてます。外壁の外側に断熱機能のある建材を使用したり、断熱性の塗料を塗装したりしてこの温度差を緩和しようとすることを外断熱と言います。

外断熱塗装

冷暖房の普及とともに外気温と室内温度差が大きくなっています。その結果、建物の外壁の内側には壁内結露が生じ、断熱材の「ずり落ち」や下地材の合板などの劣化を早めます。塗り替えによって壁面に断熱効果を付与し、壁内結露の予防効果が期待できるのが外断熱塗装です。

 

タ行

ターペン
ミネラルスピリットのこと。

タールエポキシ樹脂塗料
エポキシ樹脂にタールを配合したもの。防錆力、耐油性に優れ、しかも安価。

ダイオキシン
毒性の強い有機塩素化合物。塩素含有物質を焼却炉等で燃やした場合に多く発生する。極めて高い発癌性、内臓障害等を起こす。

耐候性
日射や風雨など自然の影響力に対抗する力。塗料の寿命の比較の場合にも用いられている。

退色
塗膜が紫外線の照射などで劣化し、顔料の色が薄くなること。

耐水研磨紙
耐水クラフト紙に炭化珪素質(CC)、アルミナ質(AA)の粒子を接着させたもの。水研ぎ、油研ぎ用に使用され、120~1000#(番)のものが多用される。

耐熱塗料
耐熱塗料はその要求される耐熱温度によって区分され塗料材質も異なってくる。顔料としてはアルミニウム粉が多く用いられ、耐熱温度によってアクリルシリコン、ブチルチタネートなどが使用される。

耐用年数
塗料の塗膜性能が持続する期間の表示方法の一つ。

抱き
窓などの開口部の縦の側面の事をいう。

抱き足場
一側足場の一種で、建地(縦のパイプ)の両側に、建地をはさんで二本の布(横のパイプ)を取り付けた足場のこと。

ダクト
暖冷房や室内空気の給排気のため亜鉛鋼板などで加工した円筒や長方形の配管。

多彩塗料
建築塗装ではエマルジョン塗料の中にゲル化した水溶性塗料を分散させたものを吹き付け塗装する壁専用のものが使用されている。「ゾラコート」は有名。

打診
モルタル壁の浮き、外壁のタイルの浮きなどを診断する方法。叩いたときの音で「うき」を判断する方法。

タスペーサー
コロニアル葺き屋根の縁切りのための部材。セイム社の製品名。

ダストシュート
ごみ、ちりなどを捨てる筒で、各階に投入口、地面に接する所に取り出し口を設けたもの。高層集合住宅に設置されている。

脱気工法
防水工事において、下地の水蒸気によって防水層のふくれなどを防止するために脱気筒を設置して水蒸気を大気に放出する。防水工事の一工法。

タッパ(立端)
屋根やパラペットの高さ。転じて一般的に「高さ」を表現する言葉として使用されている。

建物の部位
建物のそれぞれの部分をさす。

W工法
このサイトで言うW工法とはコロニアル葺き屋根の塗り替えで、スペーサーを一枚のコロニアルに対して両サイドに二箇所挿入して縁切りを行う方法を言う。

ダメ
塗り残し。塗り忘れ。補修塗り。

ダメ拾い
ダメを拾い、完全に仕上げてゆくこと。

単管足場
足場用パイプをクランプ(パイプ固定金具)などを使用して組み立てる足場。戸建住宅など比較的低層階の建物に用いられる。高層の建物には強度的に向かない。

弾性塗料
各種合成高分子を用いて乾燥塗膜に弾力性を持たせたもので、モルタルのひび割れ対策用に用いられることが多い。振動物に対して塗膜のひび割れ対策で用いることもある。単層型や複層吹き付け材にも使用されている。通称、弾タイルや防水タイルと呼ばれるものもこのタイプの塗料である。

単層型塗料
同一塗料を塗り重ねて塗膜を作りあげる塗料。数種類の塗料を塗り重ね、一つの塗膜を形成するものを複層仕上げという。単層は主にローラー塗装、複層は吹き付け塗装で仕上げることが多い。

チェッカープレート
すべり止めの模様つきの鉄板。

地球温暖化
大気中の二酸化炭素が増えるとその遮熱効果で地球の気温が上昇する。気象異常など影響は大きい。

中性化
セメントモルタルやコンクリートの硬化したものが、大気中の炭酸ガスに作用されてアルカリ性を失って中性となること。

調合ペイント
ボイル油を主成分として顔料や補助剤を加え、そのまま塗装に使用できるよう調整されたペイント。合成ボイル油を使用したものは合成調合ペイントとして区別される。一般的には両者を総称して用いられることが多い。

チョーキング(白亜化)
「白亜化」の項を参照。

調査
塗り替え工事における調査は工事を設計するための基本となるデーターを得るためのもの。非常に大事な作業で工事の良し悪しを決める。

散り(ちり)
壁と柱との隙間。塗装では壁の隅をさす。散り押さえ。

追加工事
初期計画の工事範囲以外に後から追加発注される工事。


主に土地や建物の面積の単位として用いられる。6尺四方の広さ。1 坪=約 3.306m²。畳2枚分の広さ。

妻、妻側
切り妻式屋根の山形になったところ。

艶引け
光沢のある塗料が光沢を失ってしまうことを言う。ブラッシング、シンナーの不適合、異種塗料の混入などが原因。経年による顔料の劣化による色艶の変化は「色あせ」で、艶引けとは区別している。屋根塗装で未硬化の状態で雨や夜露などに合うとつや消し塗料を塗装したよう完全に艶は消えてしまう。このような場合は必ず再塗装が必要。

面一(つらいち)
二つの面が平滑に揃っていることを指す。

低汚染
汚れにくいこと。塗膜の親水性によって埃などが雨水に洗い落される塗膜機能についても用いられる。

出隅
二つの面が合わさったところで、突き出ている(凸)ところ。入り隅→凹部。

デッキプレート
強度を確保するため浪打状に加工した床用下地鋼板。

テラス
庭園や街路に張り出して、コンクリート、れんがなどを敷きつめた場所。家に接して用いられるものをハウステラス、庭園の一部として用いられるものをガーデンテラスという。

テラゾー
白色セメントに大理石などの砕石微粉末混合して練り上げ、乾燥後研磨した人造石。

電着塗装
導電性塗料の中に被塗物を浸漬して陽極、塗料を陰極として直流電圧をかけることによって塗料が被塗物に付着して塗膜をつくる。金属鍍金と同じ原理といってよい。

天然樹脂
塗料の主成分として、古くは自然界から採取される動植物の油脂、樹脂成分を加熱や蒸留など加工して使用されていた。このような自然界から採取される樹脂を天然樹脂といい、天然樹脂を加工したものを加工樹脂という。

てんば(天端)
上端の面。

凍害
コンクリートや塗料が硬化前に外気温の低下の影響を受け正常に硬化しないこと。凍害を起こしたコンクリート、モルタルは強度が弱く、はつり後再工事を行う他方法はない。5℃未満の低温時、夜間の温度低下が見込まれるときの塗装工事を避ける事が大切。

透湿性
蒸気の放出や呼吸機能があること。外壁用塗料にとって非常に大事な機能。壁内の余分な湿気を外部に放出し塗膜の「ふくれ」、「はがれ」を防止し、結露やカビの防止等に効果がある。

塔屋
屋上に突き出た小屋。高架水槽。エレベーター機械室。

特殊塗料
塗料は色々な分野で色々な目的で使用され、それぞれの目的に応じた塗料が造られている。防錆(錆止め)塗料、防音塗料、耐熱塗料、防火塗料、電気絶縁塗料、トラフィック塗料(道路用)、船底塗料などと、その種類は多い。

塗装方法
刷毛塗り、エアスプレー、エアレススプレー、ローラー塗り、電着塗装、粉体塗装、UV塗装など。建築塗装ではいわゆる「ガン吹き」という外壁用吹き付け塗装は環境や人体へ悪影響を与えるので、特に意匠上やむを得ない場合を除き行われなくなっている。代わってローラー塗りが主流になっている。

特記仕様書
一般仕様書とは別に特別、限定的に示した仕様書。

トップコート
上塗りとして用いる塗料。

とのこ
粘土(黄土)を焼いて粉にしたもの。刀剣を磨いたり,木材の色付け・塗装下地・目止めに用いたり,漆器の漆下地の原料として用いる。

塗付量
一般的な仕上げに必要な単位量(kg/m²)をいう。これにロス見込み量を加算したものが所要量(kg/m²)で吹付け工事(約3割りはロス)で用いる。塗付量は接着剤でも用いられる。

戸走り(一本引き、一筋)
片引き戸、雨戸などの敷居で筋が一本のもの。雨戸など片引き戸に用いられる。

塗膜防水
シート防水のように張り合わせたものに対し、ライニング、流し込みなど防水材を塗布して防水膜を造るやり方を塗膜防水という。張り合わせ部のないシームレスな防水層を造れることが特徴。

とまり
隠ぺい力と同義語として用いられる。とまりが良い(隠ぺい力が大きいの意)。

ドリームコート
関西ペイント社が開発した湿式断熱躯体保護防水仕上げ材。熱伝導率は木材以下、高防水性、弾性保持率が高い、透湿性に優れているなどの多くの特徴を備えている。

取合い
構造物などの接合部。

塗料
流動性を持っていて、薄く塗り広げて乾燥すると強度を持った塗膜を生成して、塗装物を保護したり、美観、その他の価値などを素材に付与するためのもの。

塗料のグレード
塗料の特性や耐久性など塗料間の優位性を現す。その優位順をグレードと呼んでいる。塗料のグレードについて詳しくはこちら。

塗料の機能
ナノ技術や架橋技術の発達によって塗料にいろいろな機能を持たせることができるようになった。

トルエン
芳香族炭化水素系の溶剤で強い芳香がある。塗料、接着剤等に多く使われる。

トルネーダー洗浄機
トルネーダーを利用して汚れを落とす洗浄機。ドライ洗浄が可能で車の車内清掃、カーペットやじゅうたんのクリーニングに用いられている。

 

ナ行

ナノコンポジットW
水谷ペイント社が産学官の連携で開発した塗料の製品名。超低汚染性、難燃性や耐候性など優れた特性を持つ塗料。

ナノペイント
塗料はナノ粒子(10~20nm)のシリカ(Si)を中心として構成され、無機質が多いのも特徴。塗膜は難燃性を示す。超微粒子の無機質成分が有機質成分と複合化することにより、従来の超耐候性塗料を超える耐久性・対汚染性を発揮し、長期間にわたって美観を維持出来る。ナノコンポジットW(水谷ペイント社)、ナノペイント(菊水化学工業社)などがある。

難燃材料
建築基準法に定める建築用部材の中で初期火災で燃えにくく、有害ガスを発生しないもの。大量の煙を発生しないもの。難燃合板、石膏ボード、ビニルクロスなど。

二液性
主剤と硬化剤とに分けて保存し、使用直前に加えて塗料の乾燥、硬化を化学反応によって塗膜硬化を促進させるタイプの塗料。このような塗料を二液性塗料という。

乳化剤
エマルジョン塗料などの乳化液を作るときに加える乳化促進剤を乳化剤という。水に溶けない物質の表面張力を弱めて均一に水となじませる働き。

二酸化チタン
人体に無害で化粧品にも使用されている(ファンデーション)。その光分解能力が注目されいろいろな分野で応用製品が研究されている。白色塗料に古くから使用されている。

ニス
透明塗料をさす。

塗代(ぬりしろ)
しっくい、モルタル、塗料などの塗り膜厚をいう。

濡れ色
コンクリートが水に濡れると乾燥時と色が違って見えます。やや濃い目の色になります。色あせた塗膜面も同様です。色あせた外壁の元の色を確かめる時、部分的に濡らしてみるとそれに近い色になります。木部のクリヤー仕上げの場合は濡れ色に仕上がります。塗装前とは少し違った趣になりますので試し塗りをして仕上がり具合を確認した方が良い。

ネタ
業界用語で塗料のこと。

根太
床板を受けるための横木(一尺間隔に這わしてある)。

粘度
塗装における塗料の粘土調整は非常に大切な事項です。作業しやすく希釈液(水やシンナー)をどのぐらいの割合で混合するか決めます。塗装方法、気温、塗料の種類など考慮して決めます。希釈しすぎると塗膜性能が低下しますし、濃すぎても仕上がりに影響します。粘土調整は職人の経験と感によるところが大きい。


屋根の先端部分。

軒裏、軒天
屋根の軒の裏側。

野帳場(のちょうば)
大型工事の建築現場。一般住宅など小規模工事の現場を「まち場」または、「まち丁場」という。

野地板
屋根の下地の板。それを支える垂木を野地垂木という。

のび
一定の塗料の量で濡れる面積がより広い塗料を「のびの良い」塗料という。

のろ
セメントペースト。強度は弱い。

ノンスリップ工法
塗料に骨材を混合して塗膜表面にざらつきを造り滑りにくくする方法。下塗りした未硬化の塗膜に篩い(ふるい)などを使用して骨材をちりばめ乾燥後、上塗りをする方法もある。床材、防水材などに用いられる。

ノンブリード
コーキング類はその弾力性を維持するため可塑剤を混入している。それがにじみ出てくる。シーリング箇所が数年経つと黒ずんでくるのがそれです。このにじみをなくすため可塑剤を含まないタイプを「ノンブリード型のコーキング」という。

 

ハ行

パース
建物の外観。内部などを遠近法によって立体的に表わした図。

廃棄物処理法
2000年10月改定施行され、排出業者の責任、産業廃棄物処理業者の要件、地方公共団体の責任などがさらに強化された。適正処理確認などの注意を怠った場合には罰金が科せられる。

バインダー
一般的には密着性を高めるためにアンダーコートとして下塗りするもの。二酸化チタンはコーティングする基材そのものも分解してしまう恐れがあります。それを防止するため光触媒のコーティングのときに、下地と光触媒のコーティング層との間に保護層を造るための下塗り剤のことも言う。

はがれ(はくり)
塗膜が剥れ落ちること。二つの原因があげられます。塗膜そのものが老化して塗膜性能が低下した場合。二つ目は下処理の不適切によるもの。塗装面に油脂類がついていた場合(夏場の作業で汗で濡れている手で触った素地面にうっかり塗装したりすると後で「はがれ」を引き起こすことがある)、また下塗りと上塗りが不適合の場合、錆落としが不十分な場合にも起こる。

白亜化(チョーキング)
塗膜の表面が艶を失って白っぽくなる。手でこすると白い粉が付着する。紫外線や風・雨などの影響で、塗膜の樹脂が劣化して粉状になること。

白色セメント
酸化鉄を少なくした白いセメント。

剥離材
塗膜の上から塗って既存塗膜を膨潤させて取り除くもの。

爆裂
鉄筋コンクリートの中の鉄筋が錆による膨れで周囲のコンクリートを押し上げて破壊すること。

暴露試験
屋外に試験体を暴し、その変化を調べる実験。

はり引き
セメントモルタルや塗料(ジョリパットなど)の表面がまだ硬化しないうちにはけで粗面にしたり刷毛目の模様を作る仕上げ。

はじき
塗面に水、油、ごみなどが付着していて塗料が均一に塗布されないこと。吹き付け塗装の場合エアの中に油や水が混じっている場合に起こることもある。エアストレーナーの点検が必要。

白化(ブラッシング)
塗膜の表面に霧がかかったように白くにごり艶も無くなる。湿度の高いときに塗料の溶剤が急に蒸発し、気化熱で塗膜の表面の温度が急激に下がり空気中の水分が凝縮して白化現象を起こす。ラッカーに見られ、リターダーシンナーを用いて予防する。塗装後、乾燥前に気温が下がり夜露などが降りた場合にも起こる。特に冬季の屋根塗装作業は遅くとも三時前には終了することが予防につながる。

白華(エフロ)
セメントから流出下アルカリ成分が空気中の炭酸ガスと反応し白色になったもの。エフロレッセンス。

バックアップ材
隙間や目地を埋める場合、シール材の落込みを防ぐ目的で、シール材の奥につめるもの。

撥水材
撥水・防汚効果などを付与するために使用する材料で、シリコンなどの透明塗料。

はつり
コンクリートの脆弱部などを「のみ」などで壊したり削り落とすこと。

鼻かくし
軒先でたる木の端をかくすために取り付けられた横板。

巾木
床と接する壁の下端部分の横木を言う。壁面保護のため取り付ける。

破風、破風板
合掌式切り妻屋根の妻側。破風に打ち付けられた板を破風板という。

パラペット
建物の屋上の欄干状の壁。


柱と柱の間に横たわっている部材。

バルコニー
建物からはみ出している露台。

半田付け
融点の低い半田を電気ごてを使って、金属同士を接合すること。

反応硬化
塗膜の硬化方法の一つで塗装後、塗膜内で化学反応によって硬化していくこと。

反応硬化型塗料
塗料の乾燥硬化方法に反応硬化を利用している塗料。最近の弱溶剤型塗料はシキロ酸結合など架橋技術を取り入れたものが多く、塗膜性能が非常に優れている。水性、溶剤系どちらのタイプの塗料でもある。

ハンマトーンエナメル
板金加工のハンマトーン模様に似ていることからでついた名称。塗料は乾燥時に溶剤の蒸発によって塗膜内で上下の対流現象が起きる。この性質を利用して特殊アルミ粉などを加えて円形模様や亀甲状の模様を造る。電気器具、事務用機器、医療機器、車両の内装、光学機器など色々な分野で使用されている。

PC構造
工場でコンクリートパネルを作り、鉄骨にパネルを現地で取り付ける構造。

フィラー
下地の小さな凹凸や細かなひび割れを処理するための下塗り材。

フィラーシーラー
シーラーとフィラーの働きを一回の下塗りで処理するためのもので、下地が比較的しっかりしている場合に用いる。

光触媒
二酸化チタンは紫外線照射によって強い酸化力を示す。菌や汚れを光分解する働きを応用していろいろな分野で製品に応用を試みられている。塗料の分野でも取り入れられている。

光触媒塗料
エマルジョン塗料の中に光触媒の触媒体を練りこんだもの。

光触媒・コーティング
光触媒体のコーティング材を塗布すること。

光触媒塗装
光触媒塗料を塗装すること。

ビディ足場
足場架構方の一種で、腕木上に足場板をかけ渡して作業床とする。

一筋
戸走り、一本引きなどとも言われる。

被塗物
これから塗装しようとするもの。

ビニル樹脂塗料
ビニル樹脂の中でも酢酸ビニルをエマルジョン化した塗料は通気性があり主に室内用に酢酸ビニル樹脂塗料として使用される。塩化ビニル樹脂を塗料化した塩化ビニル樹脂塗料は塗膜の肉持ちも良く、光沢、付着力も良く内外用に使用されている。耐薬品用塗料としても使用される。

ひび割れ
塗膜の劣化の進んだ症状。下地からの外力によって割れることもある。上塗りの塗膜内で収まっている状態(クレージング)のひび。塗膜の割れはその進行度によってひび割れ、浅割れ、深割れへと進んでゆく。

表面張力
液体の分子同士が引っ張り合って球状になろうとする力。張力が大きいほど大きい球が出来る。

拾いパテ
部分的に凹部などをパテ処理する。

ピンホール
塗膜などにできる小さな穴。

ピン補強(ピンニング)
壁のモルタル仕上げでモルタルの部分的な浮きを補修する方法の一つ。補強筋(ステンレスピン 4mm径)を埋め込みエポキシ樹脂で固め、躯体との一体化を計ろうとする方法。

深われ(クラッキング)
塗膜の割れが素地まで到達した状態のひびわれをいう。この段階になると、モザイク状の割れ目が出来ることが多い。割れ目から素地が見えてきて、さらに放置すると塗膜のめくれへと進んでゆく。

VOC
沸点が50~250℃までの揮発性有機化合物のこと。ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどが代表。

吹きつけタイル
JIS A 6960で規定されている複層模様吹きつけ材。凹凸模様が特色。最近、外壁のモルタル仕上げの減少と周囲の環境への配慮もあり使用は減少傾向にある。

複合化
二つ以上のものを合わせること。

複層模様吹き付け材
下塗り、主材吹き、上塗りの三層仕上げの吹き付け材。主剤はパターンを造りあげるのに主眼を置いて耐久性はあまり考慮されない。上塗りのエナメルで耐候性を高めるという、各層に機能分担させたタイプの吹き付け材。上塗りはトップコートと呼ばれアクリル樹脂、ポリウレタン樹脂、フッソ樹脂などのエナメルが使用される。

ふくれ(ブリスター)
塗膜の一部がふくれあがること。原因としては乾燥が不十分で下地に水分が含んでいる場合、素地と塗膜の間に空気層が出来ている場合(高濃度塗料などに見られる)、急な塗膜の温度上昇で空気が膨張して塗膜を押し上げることがある。塗料の透湿性が重要。

フタル酸樹脂塗料
合成樹脂のアルキド樹脂の一種であるフタル酸を使用したもの。光沢があり、耐候性、密着性、耐油性がある。耐水性、耐アルカリ性に弱い。

フッ素、フッ素樹脂
紫外線や耐薬品性にも強く、耐候・耐久性は極めて優れ、合成樹脂の中で最も高価である。

不同沈下
建物の基礎の沈下が各位置で異なること。

不燃材料
建築基準法で定める建築用部材で、通常の火災では燃えず、煙を発生しないもの。コンクリート、スレート、鉄など。

踏み面
階段の乗って歩く所。

プライマー
塗装の際に素地(下地)への塗料の付着を向上させるために下塗りする塗料。下地塗料の一種。

プラスター
石膏・漆喰(しつくい)・土などを水で練って塗り仕上げに用いる材料の総称。

ブラッシング
「白化」の項を参照。

ブランコ
横木を二本の網で吊り下げ、その上に腰掛けて塗装する足場の一種。

ブリード(にじみ)
塗料を塗り重ねるときに、上塗りの塗料の溶剤によって下塗りの塗膜を溶かして、上塗りの色ににじみが出来ること。歴青質の屋根材、シングル材の塗り替えでは、溶剤系塗料はこのブリード現象が起こるので、溶剤タイプの塗料は使用できない。水系の塗料を使用する。

ブリスター
塗膜表面にできる水泡や膨れ。「ふくれ」の項を参照。

フレキ
スレート。フレキシブルボード。

プレキャストコンクリート
工場で生産された鉄筋コンクリート。PC。

フレキシブルボード
普通の石綿板より弾性の高い良質の石綿セメント板。略してフレキとも言う。

フローリング
化粧合板で出来た床材。

不陸
素地に段差などがあり平坦でないこと。
粉体塗装
液体塗料とは違い粉体を直接被塗物に付着させ、過熱して融合させ、塗膜を生成する。溶剤に左右されないため、色々な合成樹脂を使用できる長所がある。しかも、塗料損失がほとんどない。塗膜表面は細かなゆず肌模様が出来、高級仕上げ塗装には向かない。

pH
水素イオンの濃度。pHが7は中性。7~14はアルカリ性。7~0は酸性である。酸性雨の場合は、通常pHが5.6以下の場合としている。

ヘアクラック
ひび割れの中で髪の毛のような非常に細かなものをいう。吹き付け材の老化したものに多く見られる。

壁内結露
外気温と室内温度の温度差によって外壁の内側に結露が出来ること。下地材や構造体にカビが発生したり、ひどい場合には腐朽にまですすむこともある。外壁内の断熱材のずり落ち等の被害が出ることもある。高気密、高断熱ほど発生しやすい。外部から見えないところが厄介。

隔て板
集合住宅のバルコニーで各戸の境を間仕切る板。火災など非常事態の際に割って隣に脱出できる。

ヘッドカット(ヘッド押さえ)
壁の吹き付け材の模様仕上げ処理として凸部をローラーや「こて」で押さえたり、サンダーでカットすること。

別途工事
本工事とは別に発注される工事。

ベンジャミンムーア(ペイント)
米国を代表する塗料メーカー。約3500色を誇る豊富なカラーバリエーション、鉛を含まない人体に優しい成分、優れた耐久性などを特徴としている。

ベンチレーション
通気(換気)装置のこと。

変性シリコン
ポリエステル樹脂にシリコン系反応其を付加させたもの。

ペントハウス
塔屋。「塔屋」の項を参照。

ポーチ
建物前部の屋根をさしかけた場所。主として玄関の前室の意に使われる。

防音塗料
塗膜が多孔質になるよう設計され、吸音効果を得られるようにしている。自動車、電車などの車両、エレベーター、公会ホールなどで主に使用されている。

防火塗料
建物の建材が不燃材でも、塗られている塗料が燃えると火災に結びつく。不燃材料を混入したものや、熱によって発砲して断熱層を作るタイプもある。無機塗料はもともと燃えにくい性質を持っている。

防カビ材
塗膜にカビが発生し、耐久性が低下するのを避けるため、塗料に添加材として使用。特にエマルジョン塗料では、塗料保存容器中でバクテリアによる塗料の腐敗、カビの発生をすることがある。これを防止するため逆性石鹸、メルタンなどの低公害型のものが使用されている。

防カビ塗料
防カビ材を添加してカビの発生を抑えるために設計された塗料。

防臭効果
光触媒の防臭効果とは臭い成分そのものを分解してしまうところにある。一般に防臭剤と芳香剤と混同されがちである。消臭剤といわれているものには、吸着効果をねらったものが多い。

防水モルタル
庇、屋上、床などの面にモルタルにエマルジョンを混合して施工する防水材。

防錆(錆止め)塗料
従来防錆塗料には、鉛丹をはじめとして鉛類が中心に使用され、その種類も多い。最近は無公害化で建築塗装では含鉛塗料は使用されなくなった。エポシキ樹脂系のものが主流で使用されている。

防腐材
塗装で言う防腐材とはクレオソートに代表されるように、木材の防腐目的で塗布して使用されるもの。

ボイル油
大豆油などの植物油に空気を吹き込みながら90~100℃で加熱し、乾燥剤を加えて調製して乾燥を速めたものをボイル油という。油性ペイントの主原料として使用される。そのままシンナーなどで粘土調整してすぐ使用できるよう調製されたものを調合ペイントという。化学合成されたボイル油は合成ボイル油、それから調製されたものを合成樹脂調合ペイントという。後者のほうが塗料の艶も良く乾燥も速い。

補助剤
塗料の製造過程で塗膜の安定、機能向上のために混入するもの。可塑剤、沈殿防止剤、乾燥剤、流れ防止剤、泡消し剤、分散剤、色別れ剤、革張り防止剤などがある。

ホットライフ
可使時間。

ポリウレタン樹脂塗料
一液と二液性の塗料がある。耐磨耗性、耐候性、たわみ性、耐薬品性も良く色々な分野で使用されている。

ポリエステル(--樹脂)
高分子化合物の一種で合成繊維、機械部品や電気部品、塗料など多方面で使われている。磨耗性、屈折性などに優れている。塗料では古くから使用されている。

ホルムアルデヒド
非常に揮発性の高い有機化合物の一つで消毒などに使われていたホルマリンの原料。合板や壁紙などに使われる接着剤中の防腐剤として使われている。

 

マ行

幕板
建物の外壁の中間に帯状の板を取り付けたもの。装飾や外壁の縁切りとして用いる。帯ともいう。

マスチック塗材
旧住宅都市整備公団の指定材料。なだらかな凹凸模様のテクスチャー。

マスチックローラー
毛細管現象を利用したローラー塗り工法では一回の塗り工程で塗れる厚さには限界がある。高粘土の塗料を厚塗りするために特殊な形状、多孔質(へちま状)のマスチックローラーを使用すると、一度に厚塗りが出来、ローラー塗りでも色々なデザインのテクスチャーを造ることが出来る。マスチックはもともと旧日本住宅公団と塗料メーカー数社が共同開発した塗材の名称。

マスキングテープ
塗料の塗り分けや見切りのため使用する粘着力の弱い養生テープ。

まち場
まち中の仕事場のことを「まち場(まち丁場)」という。現在は戸建ての住宅現場など小型工事の現場の通称に使用されている。ビルやマンションなど大型工事現場のことを野丁場という。

窓台
窓の下枠。

マニフェスト
建設業界で言うマニフェストとは、「産業廃棄物管理表」のこと。不法投棄の防止や適正処理を目的に産業廃棄物の排出業者が処分会社に処理を委託するときに公布する管理表。

マンサード
寄棟で屋根の勾配が二段になっているもの。

マンセル記号
色の性質を説明し、その表示方法を規定したもの。色相、明度、彩度の数値で表す。

見えがかり
見える部分。

見えがくれ
見えない部分。

見切り
塗装でいう見切りとは塗り分け線のこと。

水切り
異なった建材の境目に雨水の水捌けを良くするために入れる部材を言う。

水勾配
雨水などが建物に浸入しないように建物の外側に向かってつけた勾配。

水研ぎ
水をつけながら、サンドペーパー等をかけること。水でペーパーの目詰まりを防ぎます。

見付け
庇などの正面の垂直な面。

ミネラルスピリット
石油を蒸留してできる志望族炭化水素系の混合溶剤。合成樹脂ペイント、弱溶剤型塗料の溶剤として使用。

無機質
炭化物を含まないもの。

無垢板
材木を製材して出来た板。本物。純粋な。反対語→合板。

無光触媒
光触媒は光の当たらない場所では効果を示さないが、リン酸チタニア化合物は光の当たらない場所でも光触媒と同等の働きのあることが実証されている。光を必要としないところから無光触媒と言われている。

明度
色の明るさを表す。

メタリック塗料
塗料に金属粉の顔料を使用してその金属の反射光によって優雅な色彩感覚をかもし出す塗料。色彩にむらが生じたり(メタリックむら)、艶が出なかったりと、使用には熟練が必要。装飾仕上げ面として自動車、家電製品などに使用されている。

目地
部材同士の合わせ目を最初から一定の隙間を持たせて張り合わせ、その隙間をいう。

目違い
材木の接合方法。転じて段差のあることを言う。

メッシュシート
網目(メッシュ)状のシート。風通しが良く、風の抵抗を少なくする事で足場への負担を抑える。ダブルメッシュのものもある。

目止め
木材の導管を埋めて平滑な面を作ること。

目開き
クロス張り壁は経年でその張り合わせ部のクロスが収縮で隙間が出来たり、糊切れでめくれてくること。クロスの改修では、塗装仕上げの方法ですと目開きの心配はありません。

面格子
窓の外に設置する格子。

面台
窓などの下の水勾配のあるところ。

藻、藻類
屋根や壁などの、特に北側の湿気の多いところに発生しやすい。苔との区別は厳密には区別されていない。餌となる有機物がなければ増殖しない。

目視
色、艶、パターンなどを実際に目で見て確認すること。

モザイクタイル
装飾仕上用にの比較的小型のタイル。模様をデザインしやすく小型にしている。

戻り
いったん乾燥した塗膜がべとつくこと。

モニエル瓦
ヨーロッパで生まれたコンクリート瓦で、半乾式押し出し成型とい方法で製造された瓦。ヨーロッパやアメリカ、アジアでも使われているところから乾式洋瓦とも言われる。

モルタル
セメントと砂を混ぜて練ったもの。配合比率は1:3が標準。砂は「ふるい」にかけて目揃いにして使用したほうがきれいに仕上がる。モルタルを塗りこんで仕上げた壁をモルタル壁という。モルタル壁の塗り替えのポイント、適応塗料など詳細は「外壁塗装・モルタル壁」のページを参照。

モルタル塗り
コンクリートの打ち放し面をモルタルでよりきれいに塗り仕上げること。

 

ヤ行

焼付け塗装
塗装したものを80~300度未満の温度で加熱して塗膜を効果させる方法。

やせ
塗膜が乾燥するに従い溶剤の蒸発などで肉痩せしていくこと。

やに止め材
木材の松など樹液の多いものは部分的にヤニがにじみ出ていることがある。セラックニスなどを塗布して樹脂を押さえてから塗装に入る。室内塗装で喫煙による壁や天井の汚れがある場合、やに止め材を下塗りしてから塗装しないとタバコのやにがにじみ出てくる。

役もの
塗装に手間のかかるもの。普通成形品でなく変形品のこと。

Uカット
ひび割れをシーリング処理する場合にサンダーを使用し、以前はV字型にカットして充填していました。それでは充填量が不十分ということで今ではU字型カットで一般に行われています。モルタル壁、窯業系サイディング壁などに行います。

有機顔料
有機化合物で独自の発色を示し、水に溶けないもの。

有機溶剤
溶剤の項を参照。

UV塗装
紫外線硬化型塗料を塗装したものに紫外線を照射して硬化させる塗装方法。加熱方式ではないので耐熱性のない素材(木材、プラスチックなど)にも適応出来る。焼付け塗装と違って塗装作業から乾燥まで極めて短時間で出来、乾燥やセッチングスペースも必要が無いので小規模工場ほど有益。

ゆず肌
柚子の皮の表面の凹凸模様のことで、塗装では二つの意味に使用されます。 1. 外壁の塗装仕上げ模様の一種。マスチックローラーを用いて高粘土の塗料を使用して造る。 2. 塗膜欠陥。高粘土の塗料を吹き付けしたり、乾燥の速いシンナーを使用して吹き付け塗装した場合、塗膜が柚子の皮の表面みたいな凹凸状の仕上がりになる。

ゆず肌状模様
砂骨ローラー(ヘチマ状の網模様をしたローラー)で小さな凹凸模様つけながら塗装したもの

窯業、窯業系
釜や炉を使い高熱処理して造ること。瓦、ガラス、セメント、レンガ、陶器など

溶剤
塗料で言う溶剤とは、水には溶けない油脂、樹脂成分を溶かし、塗料の成分である顔料、油脂、樹脂などを均一に溶解分散させるもの。また塗装しやすく塗料の粘ちゆう度(粘り気)の調整に用いられる揮発性有機液体を言う。

溶剤系
溶剤で溶かして使いやすくした塗料を総称して言う。反対語→水系。

養生
施工が完了したものなど塗料で汚してはいけないものを保護すること。

寄棟
方形の屋根で四方に勾配を持つもの。

 

ラ行

ライニング
防食、磨耗など素材を保護する目的で貼り付けること。裏打ち。裏張り。

ライフサイクルコスト
耐用期間全体のメンテナンス費用まで含めた総費用。

ラス網
モルタル仕上げの下地材。下地の板(ラス板)にラス網(金網)を打ち付けてその金網に抱かせ込むようにモルタルを塗りこむ。ひび割れ箇所から雨漏りし、ラス網が腐食してモルタルが剥がれ落ちることがある。

ラッカー
硝化綿を主成分とした塗料。一般的には溶剤蒸発型塗料の総称として使われることが多い。

ラック
セラックニスのこと。

ラテックス
合成樹脂エマルジョン。

リシン
砂壁状の吹き付け模様の一種。吹き付け塗膜の表面に砂粒の形状が残った粗面のテクスチャーを表現しているものの総称。吹き付け材に使用される主成分によってセメントリシン、アクリルリシン、弾性リシンなどと呼ばれている。内装用に用いられる京壁風吹き付け材の「じゅらく」もこの分類に含まれる。

リノリウム
本来、油脂に顔料を混ぜて固めた床材。今では、呼称はそのままですがほとんど塩ビ製である。

リフティング
塗膜の表面が縮み模様になること。上塗りの溶剤が下塗りの塗膜を犯した場合に起こる。下塗りの乾燥が不十分なときにも起こる。塗装の時間間隔を十分に取ることが大切。

リムーバー
剥離剤。塗膜を膨潤させて剥がす。

ルーフィング
屋根や防水の下地に使用されるシート。タールをライニングしてあり、下地用防水材。

ルーフドレン
陸屋根などの雨水が集まり、雨トイに入るところの金具。鋳鉄やステンレス製のものもある。

レイタンス
コンクリートの硬化成型時に表面に出来る白っぽい膜状のもの。強度は無いので、塗装する際は下処理できれいに除去してから塗装する。

ローラー(ローラーブラシ)
広い面積の塗装に適しており、吹き付け塗装のように環境に制限されない。労力も少なく、用具の消耗も少ない。外壁の塗装では吹き付け塗装に代わってローラー塗りが主流になっている。

ローリングタワー
足にキャスターをつけ移動させながら作業が出来る移動式足場。

ロールコータ塗装
塗料、接着剤、インキなどを連続的にコーティングすることが出来、塗装では木目塗り、大理石模様塗りなど高意匠の模様塗装が連続して可能である。自動化も容易で工場でのサイディングの模様塗りなどには最適な方法である。

陸屋根(ろくやね)
無勾配に近い平坦な屋根。「りくやね」ともいう。

露出防水
アスファルト防水で、モルタルで押さえていないもの。非歩行用。

 

ワ行

ワイヤーカップ
電動サンダーに取り付けて鉄部の錆落とし、旧塗膜浮きや剥れかかった損傷塗膜のケレンに使用される工具。スチール、真鍮、ステンレスなどのものがある。

ワイヤーブラシ
スチール、真鍮、ステンレスなどの素材で出来ているさび落としなどに使用するブラシ。使用箇所によって色々な形状のものが市販されている。

ワニス
ニス。顔料を含まない透明塗料。天然樹脂を使用したもの。合成樹脂を使用したものを「合成ワニス」と区別して呼ぶ場合がある。

ワンコート
一回塗りで仕上げる仕様の塗料をワンコートタイプの塗料という。

 

お問合せはこちら